【車】コンパクトカーでキャンプ 夫婦キャンプの荷物【積載】

スポンサーリンク

“コンパクトカーでキャンプ”を謳っていますが、車の記事が全くないミオキャンブログです(・・;)

 

今更ながら、コンパクトカーキャンプのお話です。

 

 

◇コンパクトカーってどんな車?

わが家のコンパクトカーは、以下の様なクラスの車です。

 

[トヨタ]ヴィッツ

[ホンダ]フィット

[ニッサン]ノート

[マツダ]デミオ

[スズキ]スイフト

[スバル]インプレッサ

 

ルーフキャリアやルーフバッグは使っていません。

 

 

◇夫婦キャンプの荷物量

最も大きな荷物は、無印良品の頑丈収納BOXです。

サイズが特、大、小とある中から、大1、小2の3箱持って行きます。

 

バイクデイキャンをしていることもあり、キャンプアイテムは収納サイズ重視で選んできました。

 

冬キャンプなどで荷物がかさばる時期には、荷物の選別を迫られることもありますが・・・。

コンパクトカーで、無理なく夫婦キャンプをしています(*^^*)

 

 

 

オリーブドラブ色が好きなのでトラスコのボックスを追加購入したい!

無印良品・頑丈収納BOX大と同じサイズです。

 

 

わが家は頑丈収納BOXのフタ裏にすのこをはめてテーブルとして使っています(^^)/

こちらのフタが平らなボックスはすのこ要らずで魅力的です☆

 

 

その他の大きな荷物と言えばクーラーボックス

それから、わが家のキャンプで外せない犬用クレート(ケージ)

 

潰したり変形できない大きな荷物は最低4個は持って行く感じです。

最大で8個くらいになります。

 

残りのアイテムは、テント、タープ、ポール、ペグケース、テーブル、チェア、焚き火台、薪、ラック、グランドシート、インナーマット、エアマット、シュラフ、ひざ掛けなどなど。

 

わが家はチェアを最低4脚、テーブルを最低2台持って行くので、中々の荷物量だなぁと思っています。

 

 

◇収納ルールを作りました

キャンプ道具の準備用意は妻ミオがやっています。

荷物の積み込みは夫に丸投げです(๑′ᴗ‵๑)ノシ

 

でも!最大積載量の大体のイメージは持っています!

このイメージを超えない様に、うま~く準備します。

 

 

キャンプに行く度に色々変更があると大変なのでルールを作っています。

 

 

①収納BOX大は調理道具類

 

②収納BOX小は電気類箱と衣類箱

 

 

箱それぞれに入れるものを決め、それ以上は持って行かないことにしています。

 

 

 

この3つの箱に入れるものは、細々としたものや、サイズがバラバラのもの。

壊れやすいものだったりします。

カテゴリーに分けて収納することで、数が把握でき、損傷等も防げます。

 

 

特におすすめなのが、頑丈収納BOXを衣類入れにする事!

 

キャンプ場では、夏でも冬でも、衣類はあっという間に湿気ります!

うっかり出しっぱなしにしてしまった時のジーパンの気持ちの悪さったらないです(-_-)

 

頑丈収納BOXの中に入れると衣類の湿気りを防いでくれます。

結露の起きやすい冬キャンプの夜間のテント内でも安心ですよ。

 

 

頑丈収納BOXの内側の高さは、2リットルペットボトルが収まるサイズです。

フュアーハンド ハリケーンランタン(高さ26.5cm)も箱ごと入れられるので、安心安全に持ち運べます。

 

 

 

◇積載ルール

荷物の積み込は夫に丸投げなので、夫にインタビューしてきました。

 

 

積み込みのコツは何ですか(´`)?

 

 

①後部座席を倒す

 

②まず大きなものを積み込む

 

③隙間を埋める様にテトリス( ̄ー ̄)

 

 

とのことです。

 

確かに、頑丈収納BOXとクレートの位置はいつも同じになってるカモ。

後部座席の足元や前部座席の下も、しっかり荷物で埋めていきます。

 

キャンプに行く季節や場所によって持って行く数が変わるアイテムがあります。

チェアやテーブル、クーラーボックスやストーブなどです。

 

固定のアイテムと大きなアイテムを載せ、残りの空間を埋めていく様に積み込むことになるんですね。

 

妻的には設営の逆順に下から積んでいきたいところですが・・・。

そちらは放棄して積載能力のアップに全振りだそうです|・ω・*)

 

それと、クーラーボックス、クーラーバッグは、すぐに使える場所に載せてもらっています。

道中の飲食や、食材調達をした時に使いやすい様にしています。

 

 

◇おわりに

実際の積載の様子の写真がなくお伝え足らずの事があると思いますが、コンパクトカーでキャンプのお話はいかがでしたでしょうか?

 

『あれもこれも』と手当たり次第に持って行きにくいですが、持って行くアイテムを吟味するのも、キャンプの楽しみの1つになっています。

 

わが家は犬1匹で座席1人分潰れますが、コンパクトカーで家族3人、キャンプに行け、楽しんでいます(^^♪

 

車を買い替えないとキャンプに行けないかも・・・、とお悩みの方がいらしたら、とりあえず車に荷物を載せてみたり、必要かそうでないかなど、キャンプアイテムの吟味をしてみてはいかがでしょうか。

 

必要なキャンプアイテムを分類別に吟味したい時には、こちらが参考になります。

 

 

[コールマン公式サイト]

HOW TO CAMP

https://www.coleman.co.jp/wp-content/themes/coleman/assets/temp/files/howtocamp.pdf

 

キャンプスタイルに合わせて、アイテムのジャンル別紹介があります。

自分のキャンプスタイルが何なのかを探るのにもおすすめです。

 

 

[キャプテンスタッグ公式]
おすすめのコンパクトアイテムをご紹介
https://www.captainstag.net/outdoor-life/topics/solocamp1

 

「荷物をコンパクトにまとめたい」を叶える、コンパクトなキャンプアイテムの紹介です。

 

 

 

『〇〇はどうやって持って行っているの?』など”謎”なことがありましたら、お気軽にお問合せください☆彡

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました