【フリード+】虫に備えよう!網戸を付けて快適な車中泊・車中キャンプ

虫の季節は、一年の半分くらいあります。

テントキャンプでは、様々な虫対策をします。

 

車中泊や車中キャンプは、虫対策ってどうすればいいの?

 

そんな方に、とっても簡単に取付けできる網戸をご紹介します。

 

冬以外は網戸大活躍です(*ˊᵕˋ*)ノ

 

夏には売り切れていることがあります!

虫シーズン前に用意するのがおすすめです。

 

フリード+で網戸を取付ける場所は3ヵ所

フリード+での、車中泊、車中キャンプの時は、運転席と助手席の窓は開けません。

 

席に荷物を置き、開け閉めしにくいので”開けない窓”にしています(*’ω’*)

 

防犯上でも開けない方が安心だね(^^)/

 

なので、網戸を付けるのは、リア席左右の窓と、バックドアの3ヵ所になります。

 

サイドドア*かぶせるだけ

窓ガラスをフルオープンして、ネットをかぶせるだけで簡単に網戸の完成です。

 

・幅110cm x 高さ80cm

・ポリエステル

・黒

 

フリード+に取付けているレビューもあり、安心して購入しました。

 

大型ドアバイザーが付いていると、取付けられないとの注意がありました。

わが家は純正ドアバイザーが付いていますが、全く問題ありません(*ˊᵕˋ*)ノ

 

 

 

昼間は外から中がほとんど見えません(*‘∀‘*)

 

メッシュが細かいので中から外を見るのは邪魔しません(^^♪

 

風通しは、そよ風程度だと、車内を風が通り抜けていくことはあまりないです。

メッシュがとっても細かいからだと思います。

 

バックドア*クリップで留めるだけ

付属のクリップでドアパッキン部分をまたいで挟んで留めるだけで網戸の完成です。

 

・幅168cm x 高さ158cm

・ポリエステル

・黒

・クリップ8個付き

 

こちらも、フリード+に取付けているレビューがあり、安心して購入しました。

若干大きめとのことでした。

 

確かにゆったり取付ける感じです(*ˊᵕˋ*)ノ

 

サイドのスライドドアにも使えそうです(^^)/

 

出入りをどこでするかで、付属のクリップをどこまで留めるかを決めます。

 

おわりに*就寝時のカギの閉め方

暑い時期の車中泊では、サイドの窓を開けているだけでは、暑苦しい時があります。

そんな時はバックドアを開けて寝ると、風の通りが段違いに良くなります。

 

バックドアを開けたまま寝るなんて不用心すぎる!

 

そんな心配があると思いますが、少しだけ開けた状態でもキーロックできる優れものです。

 

スチールバーのご紹介記事はこちら。

 

 

 

商品説明画像がフリードなので即決購入しました(*ˊᵕˋ*)ノ

 

 

取付け方は網戸と同じく簡単です

①バックドアを開ける

②フックをボディ側のストライカーに引っ掛ける

③バックドアを下ろす

④フックの逆側をリアゲート側のキャッチに押し込んで取付ける

 

キーロック時の超!注意事項

フリード+は、スマートキーでロックできません!

車内から運転席ドアキーを操作して集中ドアロックします!

 

「さぁ寝るぞ」と寝転がったら、『ピッ』とカギをかけて眠りたいところです。

が、残念なことにスマートキー(リモコン)でカギの開閉ができません。

 

ドアを開ける時も気を付けて!

夜中にトイレに起きたりした時は注意が必要です。

ドアを開けようとしたら、防犯ブザーが鳴るかもしれません!

 

ドアを開ける時は、運転席ドアのキーを手動で開けるのを忘れずに!

 

まだやった事がないので鳴るか鳴らないか不明です(*u_u*)

*試された方がいらしたらぜひ教えてくださいませ

 

車体の傷防止

バーはスチール製です。

車体への傷防止や、握りやすくするために、ドアノブなどに取付けるスポンジをはめました。

バーの長さが19cmなので、両先端が飛び出る長さを選べば問題ありません。

 

小さなアイテムで、大きな快適を♪

すてきな車中泊をお楽しみください☆彡

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました