【フリード+】バックドアを少しだけ開けておく方法【車中泊・風通し】



車中泊や、車中休憩の時に、バックドアを開けたら涼しくて気持ちいいだろうなぁ。

少しだけ開けておけたらいいなぁと思うことはありませんか?

そんな願いを叶えてくれる、超便利なアイテムをご紹介します。

 

暑い時期の車中泊では、サイドの窓を開けているだけでは足りなくて、暑苦しい時があります。

バックドアを少し開けるだけで、風通しがとってもよくなりますよ(*ˊᵕˋ*)ノ

 

少しだけ開けるとは?

装着するとバックドアの下部が10cm程開いている状態になります。

 

バックドアを開けたまま寝るなんて不用心すぎる!

 

そんな心配があると思いますが、便利なアイテムなのでご安心を!

バックドアに取付け、少しだけ開けた状態でもキーロックできる優れものです。

 

窓とドアに網戸を取付けるご紹介記事はこちら。

 

 

使うアイテム

スチール製(亜鉛メッキ)のバーです。

長さ19cm。重さ120g。

 

車の換気用アイテムで、防犯アイテムではありません。

 

商品説明画像がフリードなので即決購入しました(*ˊᵕˋ*)ノ

 

 

取付け方

①バックドアを開ける

②フックをボディ側のストライカーに引っ掛ける

③バックドアを下ろす

④フックの逆側をバックドア側のキャッチに押し込んで取付ける

 

超!注意事項

キーをロックする時

フリード+は、スマートキーでロックできません!

車内から運転席ドアのキーを手動で操作して集中ドアロックします!

 

「さぁ寝るぞ」と寝転がったら、『ピッ』とカギをかけて眠りたいところです。

が、残念なことにスマートキー(リモコン)でカギの開閉ができません。

 

横になった瞬間に思い出すと萎えるよねぇ(´`)

 

荷物の置き方を失敗してるとドアキーに手が届かなくなるのでご注意を|’ω’*)

 

ドアを開ける時もご注意を!

夜中にトイレに起きたりした時はご注意ください。

ドアを開けようとしたら、防犯ブザーが鳴るかもしれません!

ドアを開ける時は、運転席ドアのキーを手動で開けるのを忘れずに!

*ブザーが鳴る、またはリモコンの機構がバグるなど

 

まだやった事がないので実際は不明です(*u_u*)

*試された方がいらしたらぜひ教えてくださいませ

 

おわりに*あと1品!傷防止アイテム

バックドアを少しだけ開けることが出来る便利アイテムのご紹介いかがでしたでしょうか。

 

ご紹介のバーはスチール製です。

万が一、車体に当ててしまうと、角があるので傷がつくかもしれません。

 

 

 

そこで、傷防止や、握りやすくするために、ドアノブなどに取付けるスポンジをはめました。

バーの長さが19cmなので、両先端が飛び出る長さを選べば問題ありません。

 

 

 

画像の白のスポンジは、100均ショップ・セリアの安全アイテム売り場にあります。

ドアノブ用のアイテムで、お子さまなどがぶつかった時に、痛い痛いしなくすむようにする安全アイテムです。

 

黒は虫が付いてても気づきにくいから他の色にしてね(´`)

 

荷物の中でも目立ちやすい色を選んだよ~(*ˊᵕˋ*)ノ

 

 

小さなアイテムで、大きな快適を♪

すてきな車中泊・車中休憩をお楽しみください☆彡

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました