何が決め手?夫婦キャンプにぴったりなコンパクトで快適なトンネルテントの選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

キャンプ場でよく見かける様になった『トンネルテント』。

フレームポールの仕組みがだんだんうらやましくなってきた管理人です。

4~5本のポールを幕にすっすっすっと通して、幕をしゅーっと伸ばす。

 

やってみたい(≧∀≦)

 

と言うわけで、トンネルテントの比較検討真っ只中なのです。

管理人はデータを集めて比較するのが好きなので、ページに収められる程度のデータをまとめてみした。

 

◇今回のトンネルテント選びのポイントは6つ

①コンパクトタイプ

②低予算

③高さ160cm~180cm位

④長さ600cm以下

⑤雨キャン・冬キャンでも使いたい
(メッシュドア下方は布あり)
(ベンチレーションあり)
(スカートありならなおGood)

⑥入荷待ちや抽選等なくいつでも購入できる

 

夫婦キャンプだけでなく、デュオキャンプ、ソロ+ペットにもおすすめのステータスだと思います。

 

 

◇候補は13点!

※テント名のリンクはAmazon、またはメーカーの商品ページへ別窓で開くようになっています。

[グランドキャニオン] ロブソン3
[グランドキャニオン] ロブソン4

[コールマン] コーストライン3
[コールマン] コーストライン4
[コールマン] タスマン3

[サバティカル] ギリア
[サバティカル] アルニカ(長さ620cmだけど今話題のテントなので比較)

[LOWYA] ヴィリメッツァ・トンネルテント

[ローベンス] ダブルドウェル600

[スノーピーク] ヴォールト

[テントファクトリー] フォーシーズントンネル2ルーム

[ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

[DOD] カマボコテント3S

 

※[フィールドア]トンネルテント620(22,000円)は長さ620cmの為除外

 

 

◇ポイントで比較ランキング

①コンパクトタイプで選ぶ

トンネルテントでよく見かけるのは、上記画像の様にサイド窓に当たる部分が2つあるもの。

わが家が今回求めている『コンパクトなタイプ』と言うのは、窓の部分が1つ少ないトンネルテントです。

夫婦キャンプなので、長さはこんなにいらないなぁと思いました。

 

1つ無くなるということは、フレームポールが1本少なくなるので、収納、設営ともにコンパクト化が期待大☆

 

②低予算!19,900円~入手可能!

一番お安くゲットできるのは[LOWYA]のヴィリメッツァ、19,900円
※2020年9月執筆現在

でもこちらは、2020年は入荷予定なしとのこと。

よく見てみたら、長さ665cmだったのでわが家の今回のお買い物では対象外テントでした。

以下チェックポイントでは除外していきます。

 

  2位以下のお値段ランキング  

25,800円 [グランドキャニオン]ロブソン3

25,980円 [コールマン]コーストライン3

28,800円 [グランドキャニオン]ロブソン4

28,800円 [コールマン]タスマン3

28,800円 [テントファクトリー]フォーシーズントンネル2ルーム

32,780円 [スノーピーク]ヴォールト

43,780円 [サバティカル]ギリア

43,900円 [ビジョンピークス]トレスアーチ2ルームテント

45,800円 [コールマン]コーストライン4

53,900円 [DOD] カマボコテント3S

84,480円 [サバティカル]アルニカ

104,800円 [ローベンス]ダブルドウェル600

---------------------

5万円以下がたくさんありますね!

お試し的に購入しようと思っているので5万円以内を選択圏内にしているので嬉しい限り。

5万円以内は9点もあるのでますます購入意欲が高まります!

 

③設営しやすい高さを選ぶ!140cm~

一番背が高いのは200cmの[コールマン] コーストライン4。

メッシュシェルターは210cmなので、背の高いトンネルテントだと思います。

 

  2位以下の高さランキング  

190cm [テントファクトリー]フォーシーズントンネル2ルーム

185cm [DOD] カマボコテント3S

180cm [ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

175cm [サバティカル] アルニカ

170cm [グランドキャニオン] ロブソン4

170cm [サバティカル] ギリア

155cm [コールマン] コーストライン3

155cm [コールマン] タスマン3

155cm [ローベンス] ダブルドウェル600

150cm [スノーピーク] ヴォールト

150cm [グランドキャニオン] ロブソン3

---------------------

コンパクトタイプのトンネルテントでも、高さのあるものが結構ありますね!

管理人ミオが腰を曲げなくて済む155cm以上の高さが希望です。

選べるテントが9点もあり安心しました♪

テントによっては、部分的に最高地点より30cm低い部分があるものもありますが、その部分はテントの両先端部分などなので、そこは立ち歩く予定はないので大丈夫そうです(*^^)v

 

④サイト選びの悩み軽減!長さは420cm~

キャンプ場で多く見かけるサイトのサイズは8m×8m。

最近は10m×10mのキャンプ場も増えてきましたが、これでも手狭になる事があります。

大きなテントだと、広々サイトやフリーサイトを探したりと、キャンプ場探しに悩むことも。

そこで、キャンプサイト選びに悩みにくいテントの長さを選びます。

 

候補テントの中で一番短いテントは420cmで3点ありました。

メッシュシェルターの長さは430cmなので想像がつきやすいです。

 

420cm [グランドキャニオン] ロブソン3

420cm [グランドキャニオン] ロブソン4

420cm [コールマン] コーストライン4

 

 

  2位以下の長さランキング  

435cm [テントファクトリー] フォーシーズントンネル2ルーム

440cm [コールマン] コーストライン3

440cm [コールマン] タスマン3

460cm [ローベンス] ダブルドウェル600

500cm [ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

500cm [DOD] カマボコテント3S

520cm [サバティカル] ギリア

530cm [スノーピーク] ヴォールト

620cm [サバティカル] アルニカ

---------------------

メッシュシェルターの長さの430cmに近しいサイズのものが多いですね。

 

けれども、長さは同じくらいですが、幅はメッシュシェルターの400cmよりも100cm以上細くなります。

 

一番細いテントは [コールマン]コーストライン3 190cm

一番太いテントは [サバティカル]アルニカ 300cm

かなり差があります!

 

[サバティカル]アルニカは長さが620cmと希望サイズより大きいので今回は購入対象外なので、

次に幅広なテントは290cm。2点あります。


<ロブソン4・2020年モデル>

[グランドキャニオン]ロブソン4と、

[コールマン]コーストライン4です。

 

⑤雨キャン冬キャン仕様

・メッシュだけじゃないサイドパネル

 

サイドのメッシュパネルの下方部分に、テント幕生地があるものがいいです。

 

メッシュが地面までだと、雨粒が地面で跳ねて中に入ってきてしまいます

完全に防ぐことはできませんが、幕の部分があれば、パラパラ程度の雨なら、幕を少しめくっておくことが出来ます。

 

ということで、メッシュ下方部に幕生地ありのトンネルテントを数えてみました。

なんとたったの4点しかありません!

 

[ローベンス] ダブルドウェル600

[テントファクトリー] フォーシーズントンネル2ルーム

[ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

[DOD] カマボコテント3S

 

 

メッシュ自体がないトンネルテントもありました

 

[グランドキャニオン] ロブソン3

[グランドキャニオン] ロブソン4

[コールマン] コーストライン3

[コールマン] コーストライン4

[コールマン] タスマン3

[サバティカル] ギリア

[スノーピーク] ヴォールト

 

・スカートあり

スカートがついているテントです。

隙間風を防ぎ、雨の侵入も防いでくれる頼もしいパーツです。

冬キャンの時など寒い時期には、あるのとないのじゃ雲泥の差です。

 

スカートありのテントは3点!

 

[テントファクトリー] フォーシーズントンネル2ルーム

[ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

[DOD] カマボコテント3S

 

 

スカートがついていなければ自作しますが、とりつけるのが面倒なのでついているものが欲しい。

 

 

メッシュシェルターは一周ぐるりとスカートがあります。

サイドメッシュの下方部には幕もあります。

さらに、幕は中からめくることが出来るので、雨降る外に出て幕をめくらずにすみます。

上から下にめるくので、窓を作れるというところは本当に優れポイントです。

メッシュシェルターの優れポイントの再確認までしてしまいました(笑)

 

上の画像は[ローベンス]のミッドナイトドリーマーと言うテントです。

[ローベンス]のダブルドウェル600も似た仕様になっていて、スカートはついていませんが、本体とグランドシートが一体型なので、雨風が侵入してくることはなさそうです。

 

 


<コーストライン3・お座敷グランドシート付属>

ヘリが立ち上がっているグランドシートが付属しているテントもあります。

ヘリの立ち上がりがあるので、雨や土の侵入を防いでくれて、お座敷がしやすそうです。

立ち上がりが隙間をふさぐのでスカートの代わりにもなると思います。

 

⑥すぐに手に入らないテント

テントの抽選販売ってけっこうあるみたいです。

今回ピックアップしたテントの中にも抽選販売のものがあります。

欲しいからと言ってすぐに入手できないのは、なんとももどかしいですね。

と言うことで、抽選販売や即入手できないテントは次の4点です。

 

国内在庫が無い [コールマン] コーストライン4

抽選 [サバティカル] ギリア

抽選 [サバティカル] アルニカ

抽選 [DOD] カマボコテント3S

 

 

◇その他の気になるポイント

6つの大きな選びポイントでテントを分けてみましたが、その他にも気になるポイントがあります。

・ベンチレーション


<ロブソン3・ベンチレーションあり>

 

ベンチレーション(風通し口)がないものが多いです。

雨キャン冬キャンなどの閉めきってキャンプをする時や、結露防止の為に欲しいです。

 

小さいテントにも関わらず、立派なベンチレーションがあるアメニティードームでも結露するので、コンパクトなテントでは、結露は当たり前で、ベンチレーションはあってもなくても変わらない代物なのかもしれません。

 

今回はスカート付のトンネルテントを探していますが、ベンチレーションが無かったら、雨キャン冬キャンの時には、テントがほぼ密閉状態になってしまうので考え物です。

 

もしかしたら「密閉防止」の為に、スカートなしのテントの方が多いのかなと思いました。

 

スカートなしにすることで、ベンチレーションの代わりになっているかもしれませんよね。

 

それならスカートなしのテントでもいいかも?

 

スカートをとるか、換気性能をとるか、悩むところです。

 

・本体幕の材質

ポリエステルとしか記載のないテントや、ポリエステルリップストップと記載されているものなど色々ありました。

耐水圧表示も、1800mm~3000mmと幅広く差がありました。

気になったテントのスペックはしっかり見た方がよさそうです!

また、遮光性があるものや、UVカット機能があるものもありました。

 

・フレームポールの材質

ほとんどのテントがグラスファイバー製のポールでした。

グラスファイバー製は、1点に力が加わると折れやすい(割けやすい)と聞くので、取扱いに緊張しそうです。
(管理人は使用したことがありません)

 

アルミフレーム製のテントは、[サバティカル] [DOD] [ビジョンピークス] の3点。

[テントファクトリー]は別売りで、グラスファイバー製と、アルミ製がありました。

万が一破損してしまっても、買い替えやグレードアップが出来ますね。

 

 

 

・カラーリング

本体幕のカラーは、ベージュ系、グリーン系、ブラック、ブラウン、マルチなどあります。

好みのカラーとスペックが合致したら買いだと思います!

 

・ブランドロゴ

大きくブランドロゴが入っているのがあまり好きではないので、目立たないものがいいなぁと思っています。

[テントファクトリー]はかなり大きなロゴとマークがついていました。

[コールマン]のランタンマークは好きです。

 

 

 

・修理など

今回ラインアップした[コールマン]のトンネルテントは、並行輸入品しか国内にない様なので、修理交換は難しそうです。

国内ブランドや、国内代理店ありのブランドは、修理受付やパーツ販売などがありました。

修理交換が出来ず、破損と同時にテントが使えなくなるのは悲しすぎますよね。

 

・ブランドなど

[グランドキャニオン]は[ノルディスク]の姉妹ブランドのようです。

[ノルディスク]レイサ4にスカートが付いていたら即決していたかもしれません。

[コールマン]コーストラインは欧州コールマンのモデルです。

[テントファクトリー]はハンドリングブランドにイグルーがあります。

 

 

◇6つのポイントで候補を絞り込み!

夫婦キャンプにぴったりなトンネルテントは見つかるでしょうか・・・。

『①コンパクトタイプ』のトンネルテント13点を絞り込みます!

②低予算で選ぶなら

抽選販売や国内在庫なしを除いた5万円以下は7点。

25,800円 [グランドキャニオン] ロブソン3

25,980円 [コールマン] コーストライン3

28,800円 [グランドキャニオン] ロブソン4

28,800円 [コールマン] タスマン3

28,800円 [テントファクトリー] フォーシーズントンネル2ルーム

32,780円 [スノーピーク] ヴォールト

43,900円 [ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

 

さらにベンチレーションありで絞ると6点に。

25,800円 [グランドキャニオン] ロブソン3

25,980円 [コールマン] コーストライン3

28,800円 [グランドキャニオン] ロブソン4

28,800円 [コールマン] タスマン3

32,780円 [スノーピーク] ヴォールト

43,900円 [ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

 

さらにアルミフレーム採用で絞ると1点に。

43,900円 [ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

 

または、アルミフレームの別売りありで絞ると1点に。

28,800円 [テントファクトリー] フォーシーズントンネル2ルーム

 

スカートありは2点。

28,800円 [テントファクトリー] フォーシーズントンネル2ルーム

43,900円 [ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

 

候補が13点もあるのに、かなり絞られますね。

 

③高さ160cm~で選ぶなら

こちらも抽選販売や国内在庫なしを除いて3点。

190cm [テントファクトリー] フォーシーズントンネル2ルーム

180cm [ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

170cm [グランドキャニオン] ロブソン4

 

④長さ600cm以下で選ぶなら

こちらも抽選販売や国内在庫なしを除いて8点。

420cm [グランドキャニオン] ロブソン3

420cm [グランドキャニオン] ロブソン4

435cm [テントファクトリー] フォーシーズントンネル2ルーム

440cm [コールマン] コーストライン3

440cm [コールマン] タスマン3

460cm [ローベンス] ダブルドウェル600

500cm [ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

530cm [スノーピーク] ヴォールト

 

⑤雨キャン・冬キャンでも使いたいで選ぶなら

スカートのあるトンネルテントです。

なんと2点しかありません!

[テントファクトリー] フォーシーズントンネル2ルーム

[ビジョンピークス] トレスアーチ2ルームテント

 

スカートはありませんが、本体とグランドシートが一体型なら、

[ローベンス] ダブルドウェル600 があります。

 

リビング部分用にヘリ立ち上がりグランドシート付のテントが、

[コールマン] コーストライン3

 

 

何を決め手にしましょうか!?

気になる物を全部試して決められたら天国でしょうね~(笑)

ん~、悩みます!

 

 

◇トンネルテントを設営したくなったワケ

ドームテント+タープのスタイルから、カンガルースタイルに切り替え、キャンプ満足度が大幅アップしました。

でも、ある時ふと思ってしまったのです。

もっと短時間で設営したい と。

 

スノーピークの『メッシュシェルター』は簡単に張れるんですよ!

2人でやると15分かからないこともあります。

 

でも、フレームポールをピンに差すのが大変だなぁと思ったり。

もう少しコンパクトでもいいなぁと思ったり。

手軽さがもっとあったらいいなぁと欲が出てきてしまいました。

 

キャンプ場を移動しての連キャンプ時は、撤収した数時間後にまた設営するのは結構ハードモード(´`)

 

トンネルテントやワンポールテントの動画を見ていたら憧れが湧いてきたと言うワケです。

 

 

 

◇おわりに「何を決め手にしますか?」

コンパクトなサイズのトンネルテントを、価格や大きさでランク分けしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

わが家は6つの条件で、どれにしようか思案中です。

どれもこれもあきらめきれない条件ですが・・・。

妥協も入れつつ選ばなくてはいけない気配が・・・。

 

お気に入りテントの仲間入りになれる、トンネルテントを選べるといいなぁと思っています。

 

コンパクトなトンネルテントで、楽ちんキャンプデビューをするかと思うと、わくわくが止まりません(≧∀≦)

 

 

 

 

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました