【メスティン】裏返し不要!お米1合の炊き方【固形燃料】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

お水の量をど忘れする管理人ミオです。

思わずキャンプ場で自分のブログを確認する次第です(・・;)

記事の中に文章として記載している為、表示させるのが面倒になり、抜粋した本記事を作成しました。

 

◇お水の量は丸ぽちの半分まで

一番知りたいことはお水の量。

メスティンを内側から見て、取っ手の留め具(リベット)の丸ぽちの半分まで。

 

◇無洗米1合をジッパー袋に入れて持って行く

研がずに食べられる無洗米一択です!

キャンプでお米を研いで、お水をジャージャー使うのはナンセンスだと考えます。

 

 

◇30分以上水に浸してから炊く

30分以上、水に浸してから炊くのが美味しく炊き上げる秘訣です。

食べたい時間から逆算して、90分以上前がベストです。

 

浸し<30分> + 炊き<25分~35分> + 蒸らし<30分> = 85分~95分

 

◇面倒な時は現地に着いたらメスティンに米と水を入れる

お米は、お米が吸水できる限界以上は吸水しないので、炊き上がりがべちゃっとなることはありません

浸す時間がもったいない時は、密閉容器で水に浸した状態で持って行きましょう。

ただし、ナルゲンボトルの様な縦筒タイプだと、お米を取り出すのが結構大変です。

 

 

◇固形燃料でほったらかしで炊く

固形燃料1個分が燃え尽きる時間が、1合を炊く時間になります。

メスティンを乗せて固形燃料に火を着けたら、火が消えるまで待ちます。

上記画像は、『ポケットストーブ』で固形燃料を使用している所です。

 

 

ダイソーの固形燃料でも、ニチネンの固形燃料でも、

どちらでも、1個燃え尽きる分でお米は美味しく炊けました。

ニチネンの固形燃料は30gです。

 

 

 

◇シェラカップを重しに

愛用五徳:ダイソーステンレス容器&針金 made by 夫

炊いている時に蒸気でフタが浮き上がるので重しをします。

押さえられればなんでもいいですが、濡れても落ちても心配ないものがいいと思います。

重さのあるステンレス製シェラカップはおすすめです。

 

 

おかずや具材の缶詰をのせておけば、重し&温めができます☆

 

 

夫作の受け皿兼用五徳の作り方はコチラ。

 

【DIY】百均アイテムで作る " 収納できる受け皿兼用五徳 "
メスティン炊飯の吹きこぼれの受け皿になる五徳です。

 

 

 

◇安定した火加減をキープするには

風防、ウィンドスクリーンを使用します。

タープの下など、テントの外で炊く時は風から守る役割があります。

でも、風防は風が弱い時でも使用します。

メスティンは高い熱伝導率をしているとは言え、固形燃料は燃焼時間が限られているので、むらなく燃焼させる為です。

また、テント内でも気温が低い時には、使用をおすすめします。

風防で五徳ごと、メスティンをくるっと囲んで使用します。

 

 

◇火が消えたら30分蒸らす

メスティンをひっくり返す必要はありません。

 

固形燃料が燃え尽きたら、タオルなどでくるんで蒸らします。

くれぐれも素手で触らない様に!

 

わが家はタオルで掴んでくるんだら、そのままお弁当ポーチに入れて蒸らしています。

お弁当ポーチは、内側が銀色の保温保冷タイプのファスナー付ポーチを使用しています。

 

◇実食!

蒸らし終わっても、メスティンは高温のままなので気を付けて持ちます。

そのままメスティンを持って食べてもOK☆

わが家は1合が2人分なので、1人分はシェラカップによそって、もう1人分はメスティンのまま食べています。

 

メスティンご飯の、つやつやホクホクをお楽しみください♪

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました