【お金】キャンプ費用どうする?どうしてる?【サラリーマンキャンパー】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これからキャンプを始めようかなぁと言う方から「キャンプ代ってけっこうかかりませんか?」とご質問をいただきました。

まだまだ頼りないであろう当ブログにご質問くださりありがとうございます!
(ご質問者さまからご了解をいただいております)

実は私も常々思っていました。

『年間50泊だなんて費用はいくらかかってるの?』って。

1泊1万円使うとしたら50万円ですよね!

趣味に年間50万円なのか?生活費の一部なのか?
キャンプのお金事情気になりますよね。

これからキャンプを始めようかなと言う方の参考にもなれればいいなと、「キャンプ」のことから「キャンプのお金」、そして、わが家の”サラリーマンキャンパー”としてのお金事情をまとめてみました。

 

◇キャンプ場でキャンプしなくてはいけない

お金の話の前に、なぜキャンプ場を使うかについてです。

日本の土地は、いずれの場所も所有者がいます。(不動産登記法)

なので「あの草原いいな」とか「この川岸いいな」と、気に入った所で自由にキャンプをすることが出来ません

土地の持ち主に許可をもらう必要があります。
(個人だったり国や都道府県市区町村だったり)

必ず許可がもらえるとは限らないですし、許可をもらう作業も面倒だったりするので、『キャンプ場』を利用する方が便利で安心というわけです。

 

 

◇キャンプのリーズナブルさ

『キャンプはお金のかからない、リーズナブルな趣味』

そんな言葉を見かけたりしますが・・・。

ホテルや旅館の1泊利用と、キャンプ場代の比較なら、キャンプ宿泊の方が少ない金額になることが多いと思います。

 

たしかにキャンプ場は、利用料無料~あります

1万円以上のキャンプ場ももちろんあります。

1泊2食付き、おとな2人で1万円台のホテルや旅館は中々ないでしょうから、やっぱりキャンプはリーズナブルって思えてしまいますよね。

1万円のホテルや旅館を見つけられたお得ですが、お部屋や食事のグレードはどうなの?って心配になりますし、わが家は、清潔感がなかったり、非日常を感じられなさそうならパスしてしまいます。

 

宿泊費が無料の所あるが故『キャンプはリーズナブルな趣味』って感じるのかなと思います。

でも本当にリーズナブルなのでしょうか?

 

 

◇キャンプの出費項目を数えてみた

キャンプ場は利用料無料のところからあると言っても、これは「1泊する場所代」だけのこと。

実際は、キャンプ場代のほかに、持参する道具代や食材費。ガソリン代や高速料金などなど。

なんだかんだと出費項目があるのがキャンプなのです。

 

キャンプ道具や、ガス缶、炭などの買い足しがないとしても、1泊2日のキャンプで15400円ほどになります。
(キャンプ場代4000円+利用料2000円+食費4000円+薪代1200円+お風呂1200円+ガソリン代3000円 合計15400円)
ざっくりとした平均的な夫婦キャンプの金額で計算してみましたがいかがでしょうか?
内訳費目ごとの簡単な内容もまとめてみました。

 

・キャンプ場サイト料

区画サイト、フリーサイトと色々ありますが、基本的に1サイトもしくは1グループごとに料金設定されています。

数百円代から、1万円を超えるなど金額幅が広いです。

 

・キャンプ場利用料

「おとな1人〇〇〇円」の様に設定されている料金です。
キャンプ場の入場料や施設利用料の名目で設定されていることが多いです。

キャンプのことを全然知らなかった頃は、なんでこの料金設定があるのか不思議でした。
キャンプサイトの中に何人いてもいいじゃない?と思いました。
サイト料だけでは採算が取れないのなら、サイト料に加味させておけばわかりやすいのにとも思いました。

 

サイト料が安いので即予約しようとしたら、利用料が高すぎて行くのをやめたキャンプ場もあります。
サイト料5000円+おとな1人1000円くらいを基準にキャンプ場を選んでいます。
サイト料1~4000円や、おとな1人500円前後は、うれしくなってしまう料金設定です。

 

 

・食事の回数分の食材費

1泊2日のキャンプで数えると、1日目の昼と夜、翌日の朝の3回分の食材が必要です。
その他にも、おやつやデザート、飲み物がプラスされます。

 

わが家は車の乗り降りをせず走り続けることが好きなので、普段の生活で利用しているスーパーで事前に購入して持って行くことが多いです。毎回かかる費用はあまり変わりません。
道の駅や観光地などで、お買い物をしているとあっという間に膨らむ費用です。

 

 

・燃料

 バーナーやランタンの燃料 

ホームセンターやコンビニで手軽に購入できるカセットガス(CB缶)の利用は、比較的低予算ですが、OD缶(おーでぃーかん)の利用は、CB缶(しーびーかん)より費用(大体3倍~)かかります。
キャンプギアの燃料タイプを揃えておくと便利です。

 

わが家はCB缶の利用だけで、調理用バーナー、着火用ターボライター、暖房ストーブを稼働させています。
ランタンの燃料だけがパラフィンオイル、または充電式電池です。
真冬には更に灯油ストーブ用の灯油が加わります。

 

 

 薪 

わが家はキャンプの度に焚き火をするのでメイン費用の1つです。
薪はキャンプ場で300円~1500円位の価格帯で販売されていることが多いです。

 

キャンプ場で購入して使い切らなかったら、次回のキャンプで使用するなど無駄なく使います。
また、薪ストーブ販売店でお得な大量購入をし、自宅にストックしておき、使いたい分だけキャンプ場に持って行くスタイルをとっています。

 

 

 炭 

炭火焼肉って本当に美味しいですよね!
夫婦キャンプなので、ピラミッドグリルで少しずつ使用する程度ですが、キャンプの3~4回ごとにホームセンターで購入するアイテムです。

【焚き火台】2人の焚き火に<ロゴス>ピラミッドグリル コンパクト
驚きの収納サイズとお手ごろ価格!ちょっと焚き火したいなを叶えてくれる、夫婦サイズの焚き火台。

 

 

・交通費

高速道路などの有料道路利用料金。
キャンプ場によっては、”車1台1000円”など、乗り入れ代がかかることもあります。
ガソリン代やメンテナンス代などの車用の費用もあります。

 

有料道路は、渋滞地域や時間節約の為に一部分だけ利用するなどの節約方法があります。
わが家は下道を走って町並み観光や自然景観などを楽しんでいます。
観光地や道の駅など、とっさの寄り道も気軽に出来ます。

 

 

・その他

キャンプ場内のお風呂やシャワーが有料の場合があります。

キャンプ地の温泉施設に立ち寄ると、1人500円~2000円くらいの予算が必要です。

その他にも、キャンプ場のステッカーやグッズを購入したりなどのおみやげ代。

観光で使う費用も予算のうちです。

1泊2日のキャンプならお風呂に入らずに過ごすことも可能ですが、温泉好きの管理人夫婦はなかなか我慢できません(笑)
温泉施設は下調べをして、1人600円前後の施設に目星をつけてキャンプに行きます。
キャンプ1泊あたりどれくらい必要になるのか、ご想像できましたでしょうか?

 

 

◇どんなキャンプを何回する?

どんなキャンプスタイルをするかでキャンプ予算はかなり変わってきます。

 

①高速道路利用+高規格キャンプ場+こだわりのキャンプ飯

②有料道路短距離+平均的料金のキャンプ場+観光地めぐり

③下道利用+平均的料金のキャンプ場+焚き火とお酒をたっぷりと

④下道利用+無料キャンプ場+ラーメン+温泉三昧

などなど、大雑把に例を挙げてみましたが、他にも色んなキャンプスタイルがあると思います。
キャンプスタイルごとにキャンプ費用の差がかなりありそうですよね。

 

キャンプの費用を調べてみたり、キャンプ予算を考える方はおそらく、「年に数泊キャンプに行きたい」「年に何泊もキャンプに行っている」方だろうと思います。

 

やりたいキャンプスタイルが定まれば、予算立ては簡単になりますよ☆

 

1泊あたりいくら必要なのか想像がついたら、1年間に何泊キャンプをするのか数えてみます。

 

 

・年10泊未満

ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みなどの長期休みに、2泊ずつするだけで年6泊になります。

長期休みに1泊ずつと、季節ごとの祝日連休にキャンプをするスケジュールでも同じくらいになると思います。

 

・年10泊~15泊

毎月1泊2日のキャンプをしているだけで、年間12泊になりますよね。

長期休みや、季節ごとの祝日連休のキャンプをプラスすれば、年15泊もあっという間です。

 

・年20泊

わが家は大体この辺。

1泊2日のキャンプを毎月2回していると、年24泊です。

中々キャンプに行けない月もありますが、長期休みに2~3泊ずつしているとあっという間に年20泊になります。

 

・年50泊以上

毎月、毎週末に1泊2日のキャンプをしていると年48泊以上に。
さらに連泊キャンプをしていれば、あっという間に50泊キャンパーです。

 

 

何泊ぐらいキャンプをしていますか?

何泊ぐらいキャンプをしたいですか?

 

 

◇キャンプ費用の確保方法

 

1泊のキャンプ費用 × 泊数 で、1年間に必要なキャンプ費用がつかめたと思います。

 

サラリーマンキャンパーにとっての費用確保は、「積立」が一番確実だと思います。

 

わが家の場合、1泊15000円で年20泊、計30万円の予算が必要です。

単純計算で、毎月25000円の積立で実現できる予算です。

 

積立方法はいたって簡単です。

毎月給料が入ったら、「キャンプ積立」としてお金を専用のポーチに貯めています。

キャンプ場は現金払いのところが多いので、現金で積立しておくと便利です。

 

 

GW、夏休み、冬休みのキャンプ費だけは、各50000円で予算を組んでいます。
この合計15万円は、わが家の家計簿上で「特別費A」に属しています。
この「特別費A」は、毎月20000円の積立をするようになっています。
「特別費A」の中には、キャンプ費の他にもいくつかの目的費が含まれているので、年割することで、それぞれの目的を達成できるようになっています。
さらに、「特別費A」とは別に、「キャンプ費」として毎月13000円積立ています。

 

 

◇おわりに

キャンプ道具がそろっている状態での、キャンプにかかるお金のおはなしでしたが、いかがでしたでしょうか。

 

キャンプ道具を揃えてからキャンプを始めるとなると、一度に10万円以上の出費が必要になるかもしれません。

だからと言って、キャンプ道具を揃える為の貯金をしてからキャンプを始める必要はありませんよ(*^^*)

 

テントだけ、または寝具や調理アイテムだけをレンタルして、使い勝手やどんなものが欲しいのか確認しながら、キャンプグッズを揃えていくなんてことが出来ます☆

 

キャンプ場でレンタル出来るアイテムはとてもたくさんあるのに驚かれると思います。

私は、扇風機やストーブ、ホットカーペットのレンタルがあることにびっくりしました。

 

わが家も最初は”アウトドアコーヒー”をするだけが目的だったので、最初からテントを持っていたわけではありません。

アウトドアコーヒーはじめましょ!基本のアイテム5点と腰痛持ちのポイント!?
アウトドアコーヒー・はじめるためのアイテム5点と、おまけのアイテムや、腰痛持ちさんのポイントをご紹介。

 

ネットでは、キャンプスタイルを紹介するサイトがたくさんありますので、どんなキャンプをしたいか考えるのにとても参考になります。

 

キャンプに行き始めると、まわりのキャンパーさんたちの姿も参考になりますし、目に楽しいですよ♪

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました