【DIY】パイルドライバー?タープポールをランタンスタンドにする方法【簡単】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

タープポールは、タープの種類や、タープの張り方に合わせて何種類か用意しています。

使わずに余っているポールを見ていたら、何かに使えないかな?と思いました。

あそこにランタンぶら下げたらいい雰囲気じゃない?

と、キャンプの夜で呟いたら、夫が作ってくれたランタンスタンドの作り方のご紹介です。

※2020/5/27 材料名追記

 

◇完成形

テントのキャノピー部分にランタンがあるとこんな感じ。
これもこれで好きです。

 

上記画像は、スノーピークのパイルドライバーです。
(1本の棒を地面に差し込んでランタンスタンドにします)
画像の様に、少し離れた所にランタンを下げたいイメージのミオです。

 

 

ジャーーン!
夫が作ってくれたランタンスタンドです☆

余っているポールを使って、ランタンを下げることが出来ました♪

ポールの他に、ガイロープ3本、ペグ3本、カラビナ3個と、我が家の余剰部隊が出動しています(・・;)

 

◇材料と作り方

ホームセンターで、ネジ類がバラで売られているコーナーで材料を調達しました。

ポールを挟める様に金具とボルト類を揃えるだけです。
(1つ1つの名称は省略ですみません)

 

[2020/5/27 材料名追記]

部材名 個数 単価
ステンレス6角ボルト 5×40mm 2 32
蝶ナットM5 2 14
ステンレスステーM6ボルト用 1
ミニ金具 中 70mm 1 88
ワッシャー 5×12×0.8 2 6
ゴムシート 100×100×1mm 1 98

 

 

ポールを挟む際のすべり止めにゴムシートを使用します。

金具のサイズに合わせてカットします。

 

 

ポールを挟むとこの様になります。

ゴムシートはざっくりとカットしているので、はみ出ているのがわかるでしょうか?

 

 

ゴムシートは、平金具、凸金具、それぞれに同じ幅・長さに切ってポールとの間に挟んで使用します。

ガイロープでテンションをかけるのであった方がいいとのことです。

ポールの傷防止にもなります。

 

◇使い方

ポールを平プレートと凸プレートで挟みます。

ポールの太さの分、隙間が出来るので、そこにガイロープを結び、ペグダウンして完成です。

 

◇カラビナを使っています

 

我が家は、長軸方向の荷重強度が20kgのカラビナを使って接続しています。

 

荷重強度34kgのカラビナ。

 

長軸方向2200kg。これを持っているとハンモックにも使用出来て便利です。

 

◇おわりに

活動スペース以外に建てるので、ガイロープは広々と張っています。

その時の天候や場所に合わせて、狭めてスッキリと使用してもよさそうです。

 

 

金具一式は、ボルトを通した状態で手のひらサイズです。

ペグケースに入れて待ち運べば、取り出しやすく、忘れないのでおすすめです。

1人がポールを支えていればすぐに設置できますので、お二人でぜひどうぞ♪

バランス調整しながらガイロープを張ってみてくださいね(*^^*)

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました