ビタミンDがすごすぎる!驚きの健康効果をまとめてみました

ビタミンDの重要性を知る人はごくわずかと言われています。

かく言う管理人も全く知りませんでした(*’ω’*)

そんなビタミンD、実はすごかったんです!

 

◇ビタミンDのすごさ

・ビタミンD>予防接種

ビタミンDによる栄養補助は、インフルエンザの予防接種よりも効果が高いと言える研究結果があります。

また、ビタミンDは、花粉症や腸粘膜の治療、うつ病、不妊症、などにも使われています。

 

◆自然医学の第一人者であるマレー博士より

・血液内のビタミンDが38ng/ml未満の(血中ビタミンD濃度が低い)人は、これ以上の人よりも呼吸器感染症を引き起こす可能性が2倍以上だった。
・毎日1200IUのビタミンDを摂り続けた子どもは、インフルエンザにかかる危険性が58%低くなった。
・骨髄を保護するために2000IUのビタミンDを摂り続けた女性は、200IUのビタミンDを摂り続けた女性よりも、風邪やインフルエンザにかかる割合が平均で30%低いことが示されている。

 

・過剰な免疫反応を抑えてくれる

過剰な免疫反応と言えば花粉症があります。

花粉症の人は、シーズンの数ヶ月前からビタミンDを摂取し、症状を緩和させる方法があります。

・血液脳関門(BBB)などを修復してくれる

脳に簡単に毒が行かない様にする関所のような場所があります。
毒とは農薬や添加物など身体によくない成分です。
そんな”重要”な機関の修復をしてくれるビタミンなのです。
認知症や自閉症はBBBが破壊されていると言われているそうです。

・腸の粘膜を守ってくれる

腸の粘膜の再生を促し、健やかな状態にする働きがあります。

“健康は腸から”とも言われるほど腸は大切な部分です。

腸の粘膜はお肌の様に何層もあるわけではなく一枚岩です。

その腸粘膜の細胞と細胞のつながりに隙間ができる症候群があります。

この症候群になってしまうと、腸のバリア機能が正常に働かず、体に有害なものが体内へ侵入してしまうことになります。

・メンタルの改善

幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の不足は、気分が落ち込んだり、やる気がでなくなったり、精神が不安定になります。

重くなるとうつ病へと発展してしまうことも。

日光を浴びることでセロトニンの分泌が促されますが、ビタミンDもセロトニン合成を誘導してくれます。

うつっぽい時は太陽を浴びよう!

と言われるのもうなずけますね。

 

◇体内のビタミンD濃度を上げるには

摂取推奨されているのはビタミンD3です。

動物性のビタミンD3はより効果的にビタミンDの血中濃度25(OH)Dを上昇させることがわかっています。

 

ビタミンDは『太陽のビタミン』とも呼ばれています。

皮膚に紫外線B波(UVB)を浴びることで作られます。

ビタミンを作ってしまうなんてすごいですね!

でも、日光浴をしていても、皮膚にUVBが当たっていないと意味がありません。

 

しかも窓越しの日光では生成されないんです!

平日室内ワーク&週末キャンプではビタミンDは全然足りません!

 

ビタミンDは、D2~D7まであります。
ちなみにD1は存在しません。
植物性由来:ビタミンD2
動物性由来:ビタミンD3

 

肌を長時間日光にさらすことは推奨されていません。
日焼け、熱中症、皮膚がんなどのリスクがあります。

 

・ビタミンD2:植物由来:キノコ類に
・ビタミンD3:動物由来:魚・魚油・卵黄・バターに

 

◇1日の推奨摂取量は2000〜5000IU

ビタミンDによって最適な状態を保つための必要摂取量は1日2000~5000IUと言われています。

 

調べると団体ごとに提示数値に違いがあるのがわかりました。

◆厚生労働省
 600IU
◆日本人の食事摂取基準(2020年版)
 340IU(耐容上限4000IU/日)
◆米国食品栄養委員会
 600IU(耐容上限4000IU/日)

 

◇なぜ2000IU以上も必要なのか

なぜ1日2000IU以上なのでしょう?

ビタミンDの研究が盛んに行われるようになり、分かってきたことが多くあります。

その中で、慢性的炎症の終着点とも言えるがん予防の観点まで考えると、1日2000IU以上が望ましいと分かってきたとのことです。

 

そんなに大量に摂取できるのかな?

 

日光浴、食事、サプリメントの摂取で必要摂取量は達成できます(*‘∀‘*)

 

◇ビタミンDを多く含む食品

文部科学省のビタミンD含有量ランキングを見てみました。

魚類に多く含まれていることがわかります。

 

 

1位の「あらげきくらげ」は100gあたり128.5μg。

国際単位のIUにすると、5140IUになります。

とても多いですね!

 

1日に100gのきくらげ・・・無理かも( ;ㅿ; )

 

ビタミンDが豊富であることは覚えておきたいですね♪

 

◇手軽に食べられる食品は?

日常的に、食事に取り入れやすい食材があると嬉しいですよね。

探したところいくつかありました。

 

・焼き紅鮭100g:1024IU

・焼き皮つき鶏もも肉100g:16IU

・卵1個:100IU

 

野菜、果実、豆類にはビタミンDを含むものはないようです。

 

ビタミンDを食事から摂取したい時は、

それぞれの食品をたっぷり一人前量を週に数回食べます。

 

生の椎茸は1~2時間天日干しするだけでビタミンD量が30倍になります!

 

◆100gあたり
生椎茸(原木栽培):16IU
生椎茸(菌床栽培):12IU
干し椎茸508IU

 

干し椎茸も天日干しすることでビタミンDの量を増やすことができます。

機械で乾燥させているものが多いので、天日干しするのがおすすめです。

 

BBQでは、焼く前に椎茸の傘をひっくり返して干しておきます(*’▽’*)

 

◇サプリメントを2日に1粒が手軽です

ビタミンD3の5000IUサプリメントを2日に1粒摂取しています。

某有名人もこちらを愛用していると最近知りました。

 

耐容上限の4000IUを超えるサプリメントなのでびっくりされましたか(*‘-‘*)?

 

サプリメントは、容器やパッケージに書いてある含有量まるまるを、体が吸収できるわけではありません。

でも、1日当たりの耐容上限を摂取するので2日に1粒にしています。

 

また、サプリメントで補いはじめても、すぐに体内での濃度は上がりません。

どのサプリメントにも言えることですが、摂取しはじめたらまずは3ヶ月続けましょう。

効果測定をするのもこの頃です。

 

下記の様に解説されているドクターもいらっしゃいます。

 

日本人の殆どがビタミンD欠乏症とのことです。

治療としてビタミンDを摂取する時には、1万~2万IUを適用するそうです。

 

◇おすすめのサプリメント

品質の良いサプリメントをお得に購入するならiHerb(アイハーブ)がおすすめです。

1996年にカリフォルニア州で設立され、185か国以上で利用されています。
日本で注文すると、韓国から発送されてくる個人輸入ショッピングになります。
WEBサイトは日本語なのでAmazonや楽天市場で買い物するように簡単に購入できます。

 

さすがサプリメント大国のアメリカです。

厳しい基準にのっとって作られたサプリメントが沢山あります。

 

添加物の有無。

オーガニック。

動物実験なし。

などなど、色々検索出来るのがお気に入りです。

 

すぐにお買い物をしても良いですが、iHerbはお得なクーポンをいくつも配布しているので、クーポンを使って表示価格よりお安くお買い物をするのをおすすめします。

下記にクーポンをまとめましたのでぜひお買い物にご活用ください。

 

★今すぐお買い物されたい時はこちらをどうぞ★

↓すべて5%OFFで購入できます↓

管理人はコレ!お得!

5000IU

2日に1粒 480日分

★★★★★4.9

 

 

 

人気ランキング上位

5000IU

2日に1粒 240日分

★★★★★4.9

 

 

 

人気ランキング上位

2000IU

1日1粒 240日分

★★★★★4.9

 

 

 

お試しなら\278

2000IU

1日1粒 30日分

★★★★★4.9

 

 

 

含有量少なめスーパーセール時\441

1000IU

180粒

★★★★★4.9

 

 

 

◇お得クーポン★まとめ一覧

公式サイトに一覧がないのでまとめてみました。

お得にお買い物を楽しみましょう♪

*iHerbではプロモコードと呼ばれています

 


↑お買い物カートで入力するだけ↑

*複数入力すると一番割引率の高いもので自動計算されます

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

←クリックorタップでコードが自動入力されます

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

初めてのお買い物限定 

 

イチオシ!

割引率1番!20%OFF
NEWIHERB20

 

5USドルOFF
DGO8823

 

 

2回目以降のお買い物 

 

イチオシ!

60ドル以上の注文で10%OFF
VALUE60

 

注文金額関係なし何でも5%OFF
DGO8823

 

アプリ限定*20%OFF
SHOPAPP

 

アプリ限定*6,000円以上で15%OFF
JPFALL15

*使用できない日あり

 

  スマホアプリはこちらから  

 

 

◇おわりに*ビタミンDサプリで気をつけること

・耐容上限

適量の摂取であれば、ビタミンDが健康に悪影響を及ぼすことはまずないとのことです。

でも、サプリメントの大量摂取では体に害が出ることがあるので、1日当たりの上限(耐容上限)が提言されています。

 

日光浴を長時間することではビタミンD中毒が発生することはありません。

その際は、ビタミンDを作るメリットよりも、日焼けによるリスクの方が上回るのでおすすめしません。

日焼けによるメラノーマや皮膚がんを予防する為に、日焼け止めが欠かせませんが、日焼け止めを塗っていても、ビタミンDは少量ではありますが生成されます。

・過剰摂取とは

一般的に言われている過剰摂取は、4000IU以上を毎日、長期間服用することです。

サプリメントの摂取は、1日の摂取量を守り、他にも飲み合わせのサプリメントがあれば、それにビタミンDが含まれているかどうかも確認し、耐容上限を超えないようにする必要があります。

 

ちなみに、食事での摂取量が1日当たりの上限を超えることはまずありえないです。

そんな量の食事は到底無理でしょう(*’ω’*)/

ほとんどの食事の場合で過剰摂取は心配しなくて大丈夫そうです。

・高カルシウム血症

有名なのが高カルシウム血症です。

カルシウムの血中濃度(血清総カルシウム濃度)が上昇してしまうことです。

 

カルシウムが血液中に大量に放出されるので骨が脆くなります。

また、腎臓に結石ができたりする原因になったりします。

軽度は無症状のことが多いですが、重度の場合は疲労感、食欲不振、便秘などの症状が現れます。

・原材料の添加物

サプリメントは、摂取したい成分の他に、錠剤やカプセルにする為に、さまざまな添加物が利用されます。

特に日本製のサプリメントは、添加物が多用される傾向にあるのでご注意ください。

着色料、香料、保存料、増量剤が入っているものは避けましょう!

購入する時は、必ず原材料の確認を(*’▽’*)!!

原材料表記の無いサプリメントも止めましょう。

 

◆添加物の例
乳糖(ラクトース):甘味を付ける為に使われる。牛乳など乳製品をとるとお腹の調子が悪くなる方要注意。
ビール酵母:プリン体を含んでいます。痛風の方、尿酸値の管理をしている方、ビールが飲めない方など要注意。

 

キャンプに行くと体調不良が改善する謎についてはこちらから。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました