【キャンプのお化粧】夫婦キャンプでメイクする?しない?

スポンサーリンク

 

基本ずぼらの管理人は、外出時以外はノーメイク。

そんな管理人が愛用している、キャンプで便利なファンデーションのご紹介です。

 

また、キャンプでのお化粧についても触れていきます。

 

女性の為の話でしょ?と思われるかもしれませんが、男性もぜひ読んで頂ければなと思います。

 

奥さま、彼女さんの何かが、わかるかもしれませんよ(*^^*)

 

 

◇キャンプにメイクは必要なの?

そもそもキャンプでメイクをするのかな?ってところですが、メイクはした方がいいと思っています。

 

キャンプや焚き火は、お肌へのダメージがかなりあるんです

 

春夏秋冬、一年中降り注ぐ紫外線。
街中とは違う、山や川や海から吹き付ける風からの乾燥。
焚き火からの乾燥も侮れません。

 

焚き火の乾燥やばーい!ってゆるキャン△のリンちゃんも言ってましたね!

 

 

それから、日常生活とは違う明かりの下での写真映りには要注意です。

 

キラキラの太陽光の下。

テントやタープの薄暗がりの下。

焚き火の炎の揺らめく灯り。

お肌がカサカサ、シワシワだったら・・・どうなることやら(><)

 

アウトドアですし、自然体のすっぴんもいいなと思いますが、大切なお肌の為にメイクして行きましょう♪

 

 

◇お化粧するならナチュラル?しっかり?

“夫婦でキャンプ☆焚き火”的には、ナチュラルメイクがいいと思うのです。

 

化粧水しっかり。

下地兼UVカットの何か塗るものと、UVカットファンデーション。
あとは、ポイントメイクの、眉とリップ。

おまけでチークをするかしないかくらいだと思います。

 

なぜなら、キャンプ場は、お風呂やシャワーが必ずあるわけではないです。

給湯(お湯が出る)設備がない所も多々あります。
お水だけでメイクを落とすのって大変ですよね。

 

また、メイクくずれを心配しながらのキャンプは、せっかくのキャンプの楽しさが半減しちゃいそうです。

 

崩れ知らずのすごい化粧品があるかもしれないですが、アウトドアではナチュラルメイクが似合うと思うのですが、いかがでしょうか?

 

普段のメイクがしっかりだと、ナチュラルメイクにするのに抵抗があるかもしれません。
いつもしているメイクだから、手際よくメイク落しが出来るかもしれません。

 

でも、秋冬のキンキンに冷えたお水はなかなかの苦行ですよ(><)

 

 

洗顔プラス、メイク落しシートも使うと、荷物もお手間も増えちゃいます。

 

または、メイクオフに化粧落しシートだけでは、大変だし面倒ではないですか?

管理人は、化粧落しシートでメイクを落とすと、かえってお肌が痛みます(涙)

メイク落としをせずに寝たほうが、お肌を傷めず快適に保てることも出来ますよ。

 

お手入れ楽々のナチュラルメイクで、キャンプに行ってみてはいかがでしょうか。

 

キャンプでの時間は、焚き火やキャンプのあれこれの楽しいこと。
旦那さま、彼氏さんとの素敵なひとときに使って欲しいなって思います☆

 

 

◇キャンプメイクの注意点

キャンプ場は、普段通りにメイク落しが出来るとは限らないです。

 

キャンプ場や野営場は、お風呂やシャワーがあるとは限らないです。

キャンプ場によっては、水場である炊事場で、洗顔、はみがきが禁止になっていたりします。

 

炊事場で洗顔OKでも、給湯設備がないキャンプ場もあり、お水だけでメイクを落とすのは大変です。
冬場のキンキンに冷えたお水は、本当にきついです(笑)
(焚き火中にお湯を沸かしておくと言う快適技もあります)

 

また、キャンプの時の流れはけっこうあっという間です。

キャンプが1泊だったとしたら、大体のキャンプ場では、24時間滞在出来ないです。
(アーリーチェックイン、レイトチェックアウト除く)

 

昼過ぎにチェックインをしてサイト設営。
夕食の支度から、焚き火やコーヒータイムでキャンプを満喫していると、あっという間にサイレントタイム(クワイエットタイム)がやってきます。

静粛時間ではなく、就寝時間と規定されているキャンプ場なんてさらに大忙しです!

 

そんな中で、メイクオフとメイクアップに時間を使うのは、もったいなぁと感じてしまいます。

管理人は少しでも多く夫とキャンプ時間を過ごしたいです|・ω・*)

◇使ってよかったキャンプメイクグッズ

キャンプや焚き火は、汗や乾燥で、お肌を酷使します。

保湿と日焼け対策が大切だと、キャンプに行く度に実感中

 

・化粧下地にもなるUVカットジェル

美のカリスマIKKOさんが広告塔をされていたUVカットジェルです。
日本で大人気のほか、韓国コスメ界で、すさまじい権威をお持ちのIKKOさん。
そんな方がオススメするジェル、使ってみなければ!となりました。

結果、すごくいいです!

 

UVカットで化粧下地となると、ファンデーションのよれが気になったり、顔がごわつくんじゃないかと心配でしたが、これで効き目があるの?って言うぐらいサラサラの使い心地なんです。

日焼け止めを塗っているなんて感じません。

 

パウダーファンデーションがつき過ぎたり、よれたりと言うこともなく、お気に入りの日焼け止めです。

塗りものが嫌いな夫でも大丈夫でした☆

 

でも廃盤になってしまったんです。

手持ちがなくなったらお終いです(涙)

 

その後もジェルタイプの日焼け止めを選んでみたりしましたが、夏場には、さらりとした使用感が使いやすかったです。

 

 

 

 

・日焼け止めにもコンシーラーにもなるBBクリーム

BBクリームです。
顔全体には塗らずに、頬、小鼻の脇など、コンシーラーのように使います。

 

「SPF40」「PA++++」「ウォータープルーフ」なので、少しの量を薄くトントンと肌になじませます。

 

ほんの少しで伸びがよく、カバー力が高いところがお気に入りポイントです。

BBクリームにありがちな、どぎつい香りもないので◎

 

キャンプメイクであることを考えて、薄っすらと使うのがポイントです。

 

ドクターシーラボは、お肌にトラブルを起こしてしまうような品質のニセモノ、粗悪品が多数出回り、逮捕者も出ています。

ドクターシーラボ公式ホームページに掲載されている正規販売店一覧で、購入ショップがあるかどうか確認することをおすすめします。

 

おすすめショップは、ミニパウチが付いてる限定品を販売する事もある正規販売店のAmazonです。

 

 

 

・クレンジングいらずのファンデーション

パウダータイプのファンデーションです。

ミネラル100%のファンデーションなんですよ☆

合成防腐剤、合成香料、合成着色料、タルクなども一切使用されていません。

つけたまま眠れる優れものです。

また、石けん洗顔でオフできる手軽さです。

水だけでオフできるのは、キャンプでとっても助かります。

 

とても軽いつけ心地でメイン使いのファンデーションです。

容器がどんどんたまっていきます(笑)

 

 

ミネラルに含まれる光拡散成分で、毛穴の目立ちにくいお肌が手に入るのも、お気に入りポイントです。

 

このミネラルファンデーションには、『ツヤタイプ』と『マットタイプ』があります。

若々しい肌見えや、空の下映えなら、断然ツヤタイプがおすすめです。

 

 

ブラシセットがとてもお得です

 

SPF17、PA++で、化粧下地、コンシーラー、フェイスパウダーも必要ないと言うファンデーションです。

 

でも、キャンプの時には、日焼け止め下地は必要ですね♪
(SPF17,PA++ではちょっと心許ないかなぁと思います)

 

 

 

4点のメイクアイテムがセットになった薬用美白タイプ(SPF50+,PA+++)は、もっとお得なセットです。

 

はじめてパウダーファンデーションを使う方には、ブラシも付いているのでとても便利です。

 

公式サイトには75%OFFのセットもあるので必見ですよ☆

 

 

◇おしみなく保湿を!!

最後になりますが、キャンプに行く前夜から、たっぷりの保湿をおすすめします

 

キャンプは、とってもとってもお肌が乾燥するんです。

管理人のお肌の水分保持力が低すぎるからだけではないはず!

自然の風から、焚き火の炎まで、お肌を乾燥に導いてくれます。

 

ナチュラルメイクの為に、水分ぷるぷるのお肌を作りましょ☆

 

画像の化粧水は、コスパ最高のバシャバシャ使えちゃう系化粧水です。

 

キャンプに持っていく時は、100均の大きめボトルなどに詰替えて持って行きます。

 

この化粧水は、はじめて使う方は、日本酒独特の香りにびっくりされるかもしれません。

が、すぐに馴れると思います(体験談)。

 

メイクをしない旦那さま、彼氏さんにもぜひおすすめです☆

 

 

 

男性には、リップクリームだけでも使ってもらえると嬉しいですね♪

 

 

 

ナチュラルにお肌を守って、素敵なキャンプの時間をお過ごし下さい♡

 

 




テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました