【DIY】銀マットでストーブケース【アラジン石油ストーブAKPS248K】

スポンサーリンク

◇アラジン<AKPS248K>ストーブケース

わが家の冬キャンプ(厳冬期)で、メイン使用しているストーブは”アラジン”です。

 

【ストーブ】<アラジン>石油ストーブAKP-S248使ってみた【レビュー】
『キャンプにストーブを持って行く』 初めて聞いたときはびっくりしました。管理人ミオです。 キャンプで使うストーブ燃料には、『ガス』『石油』『電気』『薪』などがあります。 こちらの記事でご紹介するのは『石油(灯油)ストーブ』...

 

 

純正の収納ケースや、キャリーケースは見つけられていません。

 

使用する度に、外に持ち出して使うストーブではないはずなので、作られていないのかなぁと思います。

 

 

 

入ってたダンボール頑丈だからキャンプはこの箱でいいよね(ゝω・)

 

(ノ゚⊿゚)ノえぇぇ! ちょっと待って~!

 

 

夫が作ったストーブケースを、見ながら、聞きながらご紹介します(妻)

 

 

◇材料

・銀マット

家にやたらとある銀マットを使って作りました。

 

車に載せ忘れて、キャンプへの道中で買い足して余ってしまっているマットです。

 

60cm×180cm位の1人用サイズだと、ホームセンターで大体600円前後でしょうか。

 

【マット】腰痛持ちが寝てたみた!腰痛持ちに安眠を☆キャンプマットレビュー①【銀マット】
キャンプの寝床用マットと言えば『銀マット』。簡単に手に入るお馴染みの『銀マット』で腰痛持ちが寝てみたレビュー。

 

 

・強力粘着テープ

[ニチバン]の段ボール包装用強粘着タイプのテープを使用しました。

 

用途に「発泡スチロールの封かんにもOK」と書いてあるほどの粘着力です。

 

若干厚みのある、表面がツルツルとした紙タイプのテープです。

軽くて貼りやすく、折り曲げやすいです。

 

テープ選びは、”強粘着タイプ” ”防水タイプ” であれば安心感があると思います。

 

 

 

◇作り方のコツ(ざっくり)

①発砲スチロールは捨てない

梱包時に使われていた発泡スチロールの底を使います。

 

カットをする時に、中心となる底面のサイズを採るのに使うと便利です。

 

完成してからも、そのまま底にいれた状態で使用します。

 

 

②いい感じに採寸する

サイコロを作るイメージで線を描いて銀マットをカットします。

切り抜いたら、辺をテープでつなげていくと完成です。

 

持ち手の穴位置は、台座の発泡スチロールの厚みを加味するのを忘れずに!

 

 

③ベロは長めに

天面のフタ部分をかなり長めにカットします。

 

ケースを閉める時に、内側に差し込んで使用する部分になります。

ストーブガードの前に垂らし込むことで、がたつきや、ガチャガチャ音を防ぎます。

 

 

 

 

側面を組み立ててから、かぶせて折り目を付けます。

 

垂らし込みやすいようにラインを入れます。

銀色側から、カッター、または定規やペン先で、貫通しない様に優しく線を付けます。

線を入れたら、線を挟むようにテープを貼り補強し馴染ませます。

 

 

④テープをしっかり圧着させる

強粘着をしっかりなじませます。

 

⑤ストーブを入れて確認する

テープの貼り付が弱いところが無いか。

浮きや剥がれが無いか。

持ち手穴とストーブの取っ手の位置は合っているか。

 

 

◇おわりに

軽い素材のケースで、ストーブを簡単に持ち運べるようになりました。

 

持ち運び方は、持ち手穴から指を入れ、ストーブの取っ手に指をかけます。

 

ケースとストーブを同時に持ち上げる感じです。

 

ストーブの重さがたったの6kgとは言え、ケースに入れることで重たくなり、持ち運びしにくくなる可能性がありますが、銀マットを使用したことで、重さの心配がクリアできました(*^^)v

 

材質性能上、壊れやすさがあるかもしれませんが・・・。

 

2シーズン使用した時点では、上角部分にテープのめくれとヒビが少し入っているくらいで、持ち運びに支障は出ていないので、まだまだ使っていけそうです。

ストーブへのダメージも見受けられません。

(自宅内でも愛用中)

 

壊れて再度作るにしても、材料費が少なく、短時間で作れるので、銀マットの余りがあれば是非お試しください☆彡

 

 

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました