【標高1500m】丸沼高原オートキャンプ場・ライブカメラでいつでも楽しめる!【ゲレンデキャンプ場】

スポンサーリンク

 

群馬県利根郡。標高1500m。

ゲレンデを利用したオートキャンプ場です。

日光湯ノ湖まで30分の距離です。

 

100サイト中100サイト埋まる中行ってきました(*‘∀‘*)

 

天空のフリーサイトはやみつきになるね(´▽`)

 

キャンプ場ライブカメラ鑑賞は日課になっちゃったね(*’▽’*)

 

 

◇キャンプ場基本情報

受付前は列が出来る

 

 

【OPEN】

4月末~11月頭

【予約方法】

予約数がわかるネット予約がおすすめ

要クレジットカード

電話予約も可 0278-58-4300

【ペット】

【サイトタイプ】

オートフリーサイト(電源なし)

オート区画サイト(電源あり)

【料金】

車1台3000~5500円+1人1100円

夫婦なら5200~7700円

【割引サービス】

割引チラシ

スノーピーク会員証

(サイト料10%オフ)

予約時申告と当日提示

【チェックイン】

13時

【チェックアウト】

12時

【アーリー】

10時~(2000円)

【レイト】

~17時(2000円)

【洗剤】

指定なし

【音に関して】

20時以降は静かに

【ゴミ】

分別

【焚き火】

焚き火台利用で可

【風呂】

センターステーション「座禅温泉」700円

シャレー丸沼「座禅温泉」800円

【薪・炭販売】

薪 800円

炭 800円

 

 

◇チェックインは「丸沼高原・シャレー丸沼」

群馬県からだと「道の駅・尾瀬かたしな」から。

栃木県からだと「いろは坂・日光」から。

国道120号線を走ります。

 

 

国道120号線を走ってきたら「高原の駅・丸沼」の開けた場所が見えます。

そこに入りVターンで道を上がって「丸沼高原 シャレー丸沼」まで向かいます。

 

駐車場が空いていれば、チェックイン時間まで停めていられました。

建物内のトイレも使用できます。

 

「丸沼高原 シャレー丸沼」は宿泊施設です。

宿泊者がいらっしゃるのでお静かに。

 

 

◇キャンプ場への坂道

シャレー丸沼の駐車場内からキャンプ場へ向かいます。

カーブを曲がるとそこそこ急な坂道が始まり距離も長いです。

 

普通に走っていたら、爆走車にビタ付けされまして・・・。

 

キャンプ場でなんちゅう速度で走ってるんじゃい(゚Д゚;)!

 

場所取りしたいのは分かりますが道は車1台分の幅です。

順に上っていくしかないですよ。

仕方がないのでゲレンデに避けて先に行かせました。

 

アクセル緩めたらスピードでなくなった(‘_’)

 

ベタ踏みしてものろのろ。

ギアを落としてなんとか上りきりました。

キャンプ場ではゆったりした気持ちで過ごしたいものですね。

 

 

◇イラストマップ解説

イラストマップとグーグルマップの方向を揃えてみました。

イラストマップの真ん中のトイレが建物・レストランとんふぁんです。

 

 

◇平坦なところに設営しました

中央の建物から上がっていく道すがらも
平坦なところがあり人気ゾーン

チェックインして道をどんどん進み、奥まで行きます。

イラストマップの左上のトイレの近くです。

この一帯は平坦なので混みあう場所とのことでした。

 

テントとテントが1m間隔で混んでる(*‘∀‘)!

 

ライブカメラで撮影されている場所も平坦なところがあり要チェック☆彡

ちなみに、どの辺を撮っているのかわかりません(´`)オシエテー

 

 

なんとか場所がとれました(*‘∀‘*)/

 

ひしめき合っている端っこです。

集団から少し距離を取る形になりました。

大きな穴が開いていたりと、完全な平坦ではないですが、かなり居心地がいいところに設営できました。

 

 

回りの方がチェックアウトされていきました
この後ここもテントできちきちになりました

トイレが見える距離で見晴らしもよし(*’ω’*)

 

 

木があったので時間によっては木陰ができました。

 

 

木陰が出来ている間に熱い食事を(*‘∀‘*)☆

 

 

◇1500mでも虫はいます

アブ、ハチみたいな虫が飛んでいました。

ハエも結構飛んでいました。

鹿が出没するので、鹿のフンに寄ってくるんでしょうか。

 

フンはけっこう落ちてますよ~(*ˊᵕˋ*)ノ

 

テントで踏みたくない場合は、設営前に地面を見てみてくださいね。

 

 

トンボの大群もすごかったです!

 

ガイロープに10匹以上とまってることも(*‘∀‘*)

 

 

◇草原派には堪らないロケーション

管理人は林間よりも草原派です。

頭上が吹き抜けたキャンプ場が好きです。

 

丸沼高原オートキャンプ場は標高1500mなので、下界が雨でも晴れていることがあります。

若干そんな日に訪れたのですが、空の美しさに息をのみました。

 

わが家のテントの前から急な斜面が始まるので、前方の景色を独り占め(*‘∀‘*)

 

 

一番上で設営したので下を見ると・・・。

iPhoneのカメラでは、公式ホームページのような写真は撮れませんね。

 

 

◇設備など

こちらは「シャレー丸沼」のトイレです。

キャンプ場内のトイレも、満サイトにもかかわらずとても清潔でした。

 

 

◇おわりに フリーサイトのルールは難しい?

1日中テントの所で過ごしていてほとんど写真がありません。

 

快適すぎてテントから全く離れなかったね~(๑′ᴗ‵๑)

 

交代で温泉には行ったでしょ(´`)

 

センターステーションの座禅温泉に車で行ったんだった(*’ω’*)!

 

 

 

 

フリーサイトの場合、戻ってきたら駐車スペースがなくなってた!なんてこともあります!

 

実際に、お隣さんが車で出かけたところ、そこへテントを広げに来た方がいらっしゃいました。

そのスペース以外は、テントやタープで埋め尽くされている状況です。

このままテントを設営されてしまったら、お出かけ中のお隣さんは車を停めるところがない事態になります。

頼まれていたわけではありませんが・・・。

「こちらのテントの方が車を停めてらしたスペースでしたよ」と声掛けさせていただきました。

この方は帰えられましたが、その後も3組ほど設営しに来られました。

 

お隣さんは、戻られてもそんな事があったとはご存じないでしょう。

また、設営に来られた方は、やっと見つけたスペースだったかもしれません。

自分のした行動が、吉か凶かわからなくなりました。

 

お出かけの際には『駐車スペース』を示していくといいと思います。

 

わが家はレジャーシートをペグ打ちしています。

「駐車スペース」と書いた紙を添えることも。

 

その他の方法で見かけるのは

・三角コーンを置く

・ガイロープで四角に囲む でした。

 

イスやテーブルを置く方もいらっしゃいますが、移動させられて場所を取られてしまうこともあります。

 

三角コーンは18cmほどのミニサイズなので持参しやすそうです。

ダイソーなどの100均ショップでも入手できます。

三角コーンも移動させられたら終わりですが、目に留まりやすいと思いました。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました